新しい自分の作り方

オーラや生体エネルギー、心理学やタロット by シカ・マッケンジー

手術2回目

第5レベルのスピリチュアル・サ―ジェリー実習2回目終了。受け手から「過去世からの傷を手当てしてほしい」と要望があり手をかざしてみると、確かに重いピリピリ感がありました。

 

 

詳細は伏せますが、自分のエネルギーをチャージして手を当てること30分。やはり指先が痛みを感じるほど熱くなり、PCのキーをぱしぱし打つような激しい動きを始めました。ガイドが傷跡を縫っていたようです……って、

 

 

ほんまかいな

 

 

 

と自分でも思いますが、嘘っぱちで出来そうにないことではありました。真剣です。

 

 

私が受け手になってわかったのは、手術されているあたりが麻酔をかけられたように麻痺したような感覚があることです。いつもは気持ちよくなって眠ってしまうのですが、今日は起きていました。そして、今までの「自分像」を覆されるようなイメージが。

 

 

私は女性で、日々の人間関係に心を痛めたりしていて……というのは本来の自分ではなくて、なんだか、もっと大きな観点から見た映像……戦争の場とか、軍服だか鎧だかのずっしりした重み、金属が触れ合う音なんかを感じました。これって前世の記憶なのかな、だから予備自衛官になったのかな、とか考えました。ヒーラーになるんだと決めたのも衝動的だったけど、自衛隊に入るのもかなり衝動的だったんです。絶対にやるんだと思ってて、そのことにまったく疑いを持ってない。

 

 

 

ちょっと、自分というものを根本的に見直す時期だなと思いました。オーラの第5レベルは現実世界のテンプレートと言われています。現実を反転させた、写真のネガみたいなものらしい。第5レベルが変わると現実も変わります。

 

 

第5レベルのガイドはまさに外科医みたいなもので、出してくる指示もはっきりしてて、有無を言わさない単刀直入さだと言われます。「今、これをしなさい」というだけで感情的にブレるということはいっさいない。そうしたレベルにチューニングを合わせますので、今日の私は全般的に無表情でした。

 

 

 

「手術」ですので術後はぼんやりしています。私は左肩やみぞおちを手当てしてもらいましたが、術後30分ほど左側は足先までかすかに痺れた感覚が残っていました。今夜は学校のクリスマスパーティーがありますが、さぼって寝ます。術後だもんね。

 

 

 

最後に、今朝撮影したホテル前の写真。ジョージ・ブッシュ前大統領の逝去を悼み、国葬は終わりましたがまだ半旗です。

f:id:eigogeki:20181206211125j:plain