新しい自分の作り方

オーラや生体エネルギー、心理学やタロット、俳優の演技や創作活動についてなど。

わたしについて

こんにちは。シカ・マッケンジーと申します。片仮名の名前ですが大阪生まれの日本人です。

 

関西学院大学兵庫県)で社会学と臨床心理学を学びましたが、訳あって百貨店に就職。

 

社会人になってからもアメリカでカウンセリング技術を学ぶ夢が捨てきれず、かといって英語はたどたどしく……「まずは英語を勉強しなきゃ」と通訳・翻訳の専門学校で4年間学びました。

 

速さと正確さが求められる通訳者。トレーニングはとても厳しいものでしたが、ようやく「ああ、こういうふうに努力すればゴール達成できるのか」と気づくことができたと思います。

 

通訳学生をしながら自宅で英語教室、学習塾で中高生の指導、派遣で企業のTOEIC講師――英語道を突き進んでいた私は、ふと「英語で劇をすればナチュラルな会話ができるようになるのでは?」と思いつきました。

 

そこで渡米し、向こうで家族もでき、4年半、ハリウッドで映画やテレビ、CMの出演やオーディションを体験。そうです、自ら女優業に乗り出したのです。

 

アメリカでの活動がひととおり実を結んだ後、2004年に東京でハリウッドスタイルの映画学校が開校するのに合わせて帰国。通訳スタッフとして就任し、今も映画監督・脚本・音響授業のサポートや俳優授業の講師をしています。

 

英語と演劇の経験から洋書の翻訳も始めました。ステラ・アドラー著『魂の演技レッスン22』やフランク・ハウザー著『演出についての覚え書き』(共にフィルムアート社)などは演劇部員さんやプロ・アマチュアの役者さんにご愛読いただいているかと思います。

 

そして2016年から新たに生体エネルギーヒーリングの勉強を始めました。オーラやチャクラといったいわゆる「スピリチュアル」的な世界は敬遠していた私ですが、元NASA研究員で物理学者のバーバラ・アン・ブレナン博士の『光の手』『癒しの光』(共に河出書房新社)を読んで「これだ!」と直感。バーバラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリング(略称BBSH)に入学したのです。

 

現在の私は年に5回、それぞれ10日間程度、アメリカのフロリダ州でのレジデント・トレーニングに参加し、それ以外の期間は東京都江戸川区で映画学校勤務をし、自宅でヒーリングセッションをしています。

 

あ、それと。

 

2017年7月から予備自衛官補(技能)になりました。通訳者としてのスキルを活かし、国防の観点からも世界を見ていきたいと思っています。

 

どうぞよろしくお願いいたします。