新しい自分の作り方

オーラや生体エネルギー、心理学やタロット by シカ・マッケンジー

チャクラ再構築

f:id:eigogeki:20190213081100j:plain



フロリダ州でのスクーリングに来ています。今回の履修課題は「チャクラの再構築」。エネルギーの出し入れをおこなう中枢的なポイントを整え、歪みや損傷などがあれば修復するというものです。

 

 

今回感じるのは、クラスメイトたちの技術が格段に上がっていること。みんなそれぞれに自宅で練習セッションとレポート作成に励んでいることがわかります。せーの、でみんな一斉に、ぽんと階段をステップアップしたような感覚を感じます。

 

 

なので、授業の中での実習にも安心感があります。私は自分がヒーリングを受ける時に警戒してしまう癖がありましたが、今回は「おまかせ!」です。何があっても自分や他人を批判しない、期待もしない。依存もしないし、勝負もしない。ゆだねる。第3学年の主眼はサレンダー=ゆだねる、なのです。

 

 

チャクラを再構築するということは、施術の際にチャクラが見えるか、感じ取れるかでないといけません。先月の時点ではできるかどうかわかりませんでしたが、

 

 

やればできる

 

 

やれば結構できるみたいです。

 

 

チャクラは円錐型をしています。じょうごの形。アイスクリームのコーンのとんがってる先をおなかに突き刺したみたいな感じです。

 

 

その、尖っている先にVPCヴァーティカル・パワー・カレント)と呼ばれるエネルギーの流れがあります。チャクラの先端を、しっかりとVPCにつなげて形を整えます。

 

 

 

やってみました。

 

 

クラスメイトの第3チャクラ。光ってます。おお~! きれいな光の束が発散して見えましたので、楽しく施術できました。光をくるくる回すので、陶芸みたいな感じと言えるかもしれません。

 

 

受けてくれたクラスメイトは施術中、まったく記憶が飛んでいたそうです。気がついたらもう終わってて、起きたらスッキリ元気になっていたという。

 

 

私も受けてみました。

 

 

おお~! ほんまや!

 

 

記憶が飛んでました。気がついたら終わっていました。

 

 

 

お互いに「意識がどこかに飛んでいるレベルで何かが起きていたのね」という結論に。何がどうで、どんな効果があるのかは不明です。ただ、とっても深い、言葉では説明できない何かがあることは確かです。なぜなら、この記憶の飛び方は普通の睡眠とは違う感覚だから。いうなれば、

 

 

何もない、すこーんとした「無」の境地

 

 

 

今週、あと数回、フロリダで実習します。また新たな発見があればお伝えしますね。

 

Hands of Light: A Guide to Healing Through the Human Energy Field

Hands of Light: A Guide to Healing Through the Human Energy Field