新しい自分の作り方

オーラや生体エネルギー、心理学やタロット by シカ・マッケンジー

ユウキ

f:id:eigogeki:20090919124724j:plain

 わたしは3~4桁の足し算、引き算ぐらいしかできない数学音痴で、九九もほぼ忘れかけ。なのに理系のアプローチが好みです。

 

 

BBSHの1年生で初めて「オーラの第1~第4レベル」のワークをした時、「おお、まるで宇宙船を操縦しているかのようだ」と思いました。月面上を浮き上がっては着陸をくり返す訓練をしているような感じです。

 

 

早くも4年生になった今、ワークも複雑かつ繊細で、応用が効くようになってまいりました(と、思います)。たくさんのモニター様にご協力頂いて施術をしていますのも、「その時々にふさわしい周波数に自分のフィールドを合わせ、反応させる」トレーニングをくり返し行うためのもの。

 

 

自分的には、今日の画像↑みたいなイメージです。やたらと機械的ですが、ヒトが発するエネルギーも波であり、音もまた波。

 

 

波形を物理学的に導き出す才能は私にはありませんが、「ピキーン、な感じ」「どーん、な感じ」といった身体の感覚でつかみ、表現するのは得意かもしれません。

 

 

そういえば昔、わたしのことを「ユウキ」と呼んでいたおじさんがいました。「UFOの機械」の略だそうです(~_~;)

 

 

ヒーラーとして10か月後には開業を目指す今、このUFOチックなイメージと↓ 

f:id:eigogeki:20090919124724j:plain

昨日書かせて頂いた、ハートのイメージ↓

f:id:eigogeki:20190627170602j:plain

この二つが合わさったのが私にとってのブレナン・ヒーリング・サイエンスなんじゃないかな、と思います。

shikamac.hatenablog.com