新しい自分の作り方

オーラや生体エネルギー、心理学やタロット by シカ・マッケンジー

アートプロジェクト

芸術的な表現を通してヒーラーとしての能力を解き放つ――それがわが校のポリシーの一つです。毎年この時期になりますと、BBSHではダンスや歌などの発表をおこなう「パフォーマンスDay」があります。絵や彫刻、手芸などの展示も併設です。

 

 

学生は必ず、パフォーマンスか展示のいずれかをしなくてはなりません。

 

 

私はYear 1で写真とポエムの展示。Year 2では手話ダンスのパフォーマンス。今年のYear 3ではハムレットの語りでも演じようかなと思っていましたが、練習が大変なので展示にしました。

 

 

 

ひさしぶりに漫画を描こうと。軽く考えていましたが、結構大変です。

 

 

 

キャラクターがたまごをゲットして目玉焼きを作る漫画を描いてみましたが、ものすごくつまらない。やはり、ドラマチックな対立が必要です。

 

 

 

そこで、伝家の宝刀をひねり出すことにしました。個人的な体験をもとにするのです。

 

 

 

f:id:eigogeki:20190502181912j:plain

かわいいひよこを見つけ、胸をきゅんきゅんさせる主人公。ここで「愛は素晴らしい」と言って終わってしまうと、本当につまらないわけです。そこで……

 

f:id:eigogeki:20190502181929j:plain

ひよこが全くなついてくれない、という展開に。ここからいろいろ起きていって、ついに……

 

f:id:eigogeki:20190502182038j:plain

ジェラシーにさいなまれ、悪の権化にそそのかされた主人公の怒りが爆発。きわめて暴力的かつ破壊的な展開へ。

 

 

描いていると、すごくエネルギーを消耗します。キャラクターが激怒する場面を描く時は、私の内面も同じように激怒していなくてはなりません。キャラクターがなごみ、やすらいでいる場面では、私もやすらいでいなくてはならないし。

 

 

ある時は、なつかないひよこになり、ある時は激怒する主人公になり、またある時は冷静で狡猾な悪の権化になり……と、キャラになりきって描いていると本当に疲れるので、ばーっと鉛筆で30枚ほど下書きしたところで中断しました。

 

 

50枚ぐらい描いてカードホルダーで綴じ、絵本のような体裁に仕上げる予定です。とにかく期日までに終わらせて提出しなくては……と思いつつ、エンディングを描くのが楽しみです。