新しい自分の作り方

オーラや生体エネルギー、心理学やタロット by シカ・マッケンジー

変化

アメリカから帰国して、もうすぐ一ヵ月になります。帰国直後からずっと外出自粛&経過観察に徹しています。それは、なんとなく、本能的な選択のように思えます。

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念され始めてからの、私の変化は…

 

1)あまり寝ない

夜中過ぎまで眠くなりません。神経が張り詰めている感じではなく、自然に起きていている。翌朝遅くまで寝ているかというと実はそうでもなくて、わりと早くにすっと目が覚める。テレビでニュースを見てから二度寝二度寝の時は睡眠をとるというより、おなかが温かく心地よいのを味わう感じ。

 

 

2)あまり食べない

私はもともと、ヒーリングセッション前後に結構おなかが空くタイプ。近所のオリジン弁当さんやミスドさんで夜食を買うこともよくあったが…ぱったりと欲しくなくなった。食事は本当に軽めに変化。かといって、体重が減るわけでもなく、おなかも空かない。

 

 

3)心の落ち着き

ふと気がつくと、窓からじーーーっと、夜空に浮かぶ金星を見つめていたりする。同時に、世界全体での新型コロナ罹患者数は常にチェック。全身の皮膚感覚でそれをとらえようとしているような感じ。

 

 

いつ物流が止まっても困らない備蓄はうちの中に揃えています。心身両面で低速にギアを切り替えて、長期戦モードでこの一ヵ月過ごしてきたのかな、と思います。

 

 

自衛隊から出動要請きたらすぐ動けるように、というのもありますけれど…。いつ、何があっても動けるように、無駄な動きを省く、ということは大事です。