新しい自分の作り方

オーラや生体エネルギー、心理学やタロット by シカ・マッケンジー

変わると感動

f:id:eigogeki:20190319134919j:plain

今月26日発売の新刊訳書の見本が届きました。日本初の「キャラクターアーク」専門書です。

 

 

キャラクターアークとは:人物が物語の中でどのように変わっていくか。その軌跡。

 

 

読みごたえがある物語、見ごたえがある映画はたいてい、ドラマチックで印象的で深いキャラクターアークがあります。ひらたくいうと、

 

 

ビフォーとアフターがめちゃ違う=感動

 

 

逆に言えば、ビフォーとアフターがたいして変わらないと、つまらない。

 

 

これはお友だちとの交際や恋愛、結婚、就職などにも当てはまる、と私は思っています。すごい出会い、意味がある出会いとは、

 

 

 

自分を変えてくれる人との出会い

 

 

…だと思います。ずっと仲良くすることよりも、変わることの方がパワフルだから。

 

 

 

ただし「どう変わるか」が問題で、今回の訳書は『カーズ』や『チキンラン』といったアニメーション映画から『嵐が丘』『華麗なるギャツビー』などの名作古典、『トゥルー・グリット』や『ハンガー・ゲーム』、『スター・ウォーズ』などのハリウッド大作映画を例に挙げて分析しながら、気になる「変化のパターン」を解説しています↓

キャラクターからつくる物語創作再入門 「キャラクターアーク」で読者の心をつかむ

キャラクターからつくる物語創作再入門 「キャラクターアーク」で読者の心をつかむ

 

 

物語を書くかた向けのハウツー本ではありますが、私自身、こうしたハウツーを理解したおかげで「映画を観て号泣する」という体験ができました。巻末の訳者あとがきにて、そのエピソードをちらりとご紹介しております。よろしければ、書店でお手にとってくださいね。

 

 

以上、宣伝でした! 引き続き、4月からヒーリングセッションでお待ちしております↓

shikamac.hatenablog.com