新しい自分の作り方

オーラや生体エネルギー、心理学やタロット by シカ・マッケンジー

ヒーリング実習再開します

予備自衛官補の訓練、無事終了いたしました。

「補」が取れて「予備自衛官」になりました。

 

 

射撃の訓練はエネルギーヒーリングの基礎と重なる点がありました。

 

 

射撃は「的に当てよう」と気負う気持ちがマイナスに働きます。

狙いすぎて外す。

 

 

ヒーリングも「治そう、効果を出そう」と気負う気持ちを捨てなくてはなりません。喜んで頂きたい気持ちはありますが、それを求めてしまうと一気にプレッシャーになってしまって、うまくいきません。これもまた、狙いすぎて外す。

 

 

外れたらどうしよう、私は劣っているということだ――そういう恐れを捨てること。無心で臨む。

 

 

引き金を引くと、すごいエネルギーが発生します(火薬のためです)。それに負けないで身体を支え、目を開けて的を見続ける。これもヒーリングと同じです。身体を支え続けるために「グラウンディング」、身体の中心を下に落としてバランスをとります。

 

 

私にとって射撃はスポーツ、精神修養という位置づけで。命を奪ったり、傷つけたりするものではない――でも、スポーツの一環としても、射場でだってひとつ間違えば惨事が起こります。集中力を維持して正確な動作をすることが命の大切さを強く教えてくれました。

 

 

明日1月29日よりヒーリング実習、予定どおり再開いたします。

 

 

たくさんのご予約、ご協力のお申し出を頂き、本当にありがとうございます。

 

 

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。