新しい自分の作り方

オーラや生体エネルギー、心理学やタロット by シカ・マッケンジー

はじめてのクリスマス

f:id:eigogeki:20171224112528j:plain

私の実家は浄土真宗で法事をします。

だからクリスマスは関係ない……そう思って、毎年、今の時期を冷めた思いで過ごしてきました。

 

 

東京のどこかの施設では10月の終わりから、もうBGMがクリスマスソングになってたし。勘弁してよ、って思いました。

 

 

それが今年はどうしたことか、クリスマスソングがとても美しく感じるのです。私生活では長く苦しい時期にいて、自分なりに試行錯誤してきましたが、努力しても変えられないものがある。で、ようやく全てをあきらめたわけです。

 

 

いえ、それは嘘。生きている限り、あきらめられないものは残ります。

 

 

そこで、始めたわけです。

 

 

"神との対話"を。

 

 

私の場合はしかたなく……ですが( 一一)

 

 

時期を同じくして、ヒーリングセッション中に時折、動物のロバが見えるようになりました。初めて見た時は「へっ?」って思いました。

 

 

私は勘が鋭い方ではないと思うし、医学の知識もまだまだです。「とりあえず、ロバについて行こう」と思ってセッションをしました。

 

 

ロバは無言でメッセージを伝えてきたり、山に登ったり、砂浜に立っていたりします。

 

 

鈴の音をさせる時もあるので、その音に自分のリズムを合わせる時もあります。

 

 

まったくわけがわからないのですが、三度目にロバが現れた時、「これが"ガイド"ってやつ?」と思いました。

 

 

ガイドとは、ヒーラーとしての自分を導いてくれる存在です。意識の中に存在します。

 

 

今朝、ふと「イエス・キリストとロバと関係があるかしら」と思って調べてみました。神話や宗教に関する本は随分と翻訳させて頂きましたが、私の中で結びついていなかったのです。

 

 

驚きました。

 

 

 

ロバは従順と柔和の象徴。キリストの生誕図やエルサレム入城にも、マリアのエジプト逃避行にも、ロバが描かれています。他にも"現世と見えない世界とをつなぐ存在"とする文化もあるそうです。

 

 

私のヒーリングセッションで必ずロバが出てくるかはわかりません。私の意識の中にしかいない存在だし、こんなことブログに書いていいかもわかりませんし、書くべきではないかもしれません。

 

 

それに、私の実家はやっぱり浄土真宗です。

 

 

でも、神とのつながりを求めるのに、宗派は何だっていいじゃないかと思うようになりました。結婚式は神父の前で、お葬式はお坊さんと、っていう矛盾を揶揄する声もあるけれど。

 

 

人を愛する過程に入れば、必ず苦悩が生まれます。

 

 

自分の弱さ、疑念、心の傷の渦にのまれてしまう。

 

 

その渦に溺れる者は藁をつかみ、流木をつかむようにして……神を求める。それは至極当然であり、嘘も驕りもない純粋な衝動ではないかしら。

 

 

というわけで……

 

 

私にとって、今年は、はじめてのクリスマス。洗礼を受けたわけではないけれど、ロバのおかげで、また新たな地平を眺めることができそうです。