新しい自分の作り方

オーラや生体エネルギー、心理学やタロット by シカ・マッケンジー

ヘミシンク5年目の体験

f:id:eigogeki:20170823131030j:plain

 

バイノーラルビートを聴いて変性意識に入ってみました。左右でわずかに周波数が異なる音をヘッドフォンで聴き、脳波を深いリラックス状態に導く仕組みです。

 

 

ヘミシンクいうプログラムが有名です。実は私、5年前にアメリカでCD6巻セットを購入してずーっと試していたんです。動機は覚えていませんが、体外離脱できるという話を聞いて「へえ、面白そう」と飛びついたんだと思います。

 

 

このセット。日本語版も出ています↓

ゲートウェイ・エクスペリエンス第1?6巻セット : The Gateway Experience Wave I-VI (日本語版) [ヘミシンク]

ゲートウェイ・エクスペリエンス第1?6巻セット : The Gateway Experience Wave I-VI (日本語版) [ヘミシンク]

 

 

日本語版は3万8千円。私はアメリカで中古を、たぶん200ドルぐらいで。高いように思えますが、私は四年間ひたすら聞き続けましたので非常にお得(笑)

 

 

リラックス状態に導くためのものですから、楽な恰好で横になって聴くわけなんですけど、いつの間にやら

 

 

すごくよく眠れてしまうんですよね……(*´▽`*)

 

 

普段の睡眠の問題はほぼ解消されました! って違うか。

 

 

 

一度だけ、私の身体と並行して座る人影が見えて「これが体外離脱か!」と感動したら、それは自分の魂じゃなくて、遊びに来た友人が勝手に隣に座っていたのでした。これはこれで、いい思い出です。

 

 

バーバラ・ブレナンのヒーリングスクールに通い始めてからはご無沙汰だったヘミシンク。ほぼ一年ぶりにふと思い出し、真剣にやってみました。

 

 

なんと……

 

 

一発でどうやら成功。

 

 

自分のエネルギーや意識との対峙の仕方がつかめてきたのかも。

 

 

自分の魂が身体から抜けるのを感じるというより、時空を超えた世界に移動して、そこを眺めるという感じでした。

 

 

最初に見えたのは、昔、よく遊びに行っていた繁華街。上空から全体を包むように見下ろす感じです。私も友達たちも、行きかう人々も、みんな一つひとつの細胞のよう。お互いの領域に踏み込んだり、引き下がったり、細かく動きながら全体がまとまって生きている。

 

 

ああ、社会ってこうして動いてるんだ。怒りや孤独を感じたこともあったけど、そんなこと感じなくてもよかったんだ……みんな寄り集まって、わさわさ動いてる。それでいいんだな、と思いました。

 

 

 

次に、私の実家。家の中には誰もおらず、私自身の姿も自分には見えません。どうやら3、4歳の頃のよう。静かでのどかな昭和の空気感。家の中は風通しがよく、私の視点も自在に風のように動いていきます。

 

 

においも感じる。庭の草、土、木の幹。

 

 

こんなにもゆったりと、豊かな自然の恵みと一緒に生きていたのか、と気づきます。ここでも、いやなことを思い出すことは少しもありません。ただただ、そこにあるだけで素晴らしいというか。

 

 

CDは6巻セットと書きましたが、1巻の中に一時間ぐらいのCDが4枚ぐらい入っているので結構なボリュームです。調子に乗って、次々と取り組んでみました。

 

 

あるエクササイズでは、しばらく会えないでいる友人の姿が見えました。何をしているのだろう、大丈夫だろうかと思ってじっと見ていると、どうやら落ち込んでいる様子です。何をどうしたらいいか模索中のようでした。しばらくそっとしておこう、それでいいんだ、と感じました。

 

 

繁華街も実家も友人の姿も、すべて私の幻想と言えばそうかもしれません。だけど何だろう、この大きな愛のような感覚は?

 

 

ヘミシンクで意識がより高いところに上昇できるようになると、迷っている魂の救出作業をするそうです。それだって本人が脳内で体験している幻覚みたいなものだと言えば、そうかもしれません。でも私は「救出(レトリーバル)」っていうのがいいんだよね~、と思います。何かに一生懸命取り組んで、能力を高めて、行きつく先は「誰かの役に立ちたい、助けたい」という思い。

 

 

そこに行きつくというのが、人間なんだなぁと。

 

 

せつなくも、強く純粋な思い。私にもあるし、きっと、誰の心にも。