新しい自分の作り方

オーラや生体エネルギー、心理学やタロット、俳優の演技や創作活動についてなど。

ユーレイの目線

わけあって、半分幽霊やってます。

 

f:id:eigogeki:20170807082932j:plain

 

ちゃんと生きているのですが、「もし私が幽霊だったら」と想像して暮らしているのです。

 

まだ生きてはいますから、冷凍庫からお徳用の大きなアイスクリームの容器を出しながら「幽霊だってアイス食べるんだもん」と心の中で呟いたり。

 

でも、幽霊やってると、心がすーっと楽になる部分もあるんです。

 

過去に誰かが私を傷つけた、寂しい思いをさせた、許せないことをした…また同じようなことをされるに違いない、いやだ、怖い、不愉快だ――と、今でもたまにネガティヴな思いに悩まされそうになった時、

 

 

「あ、そうだった。

私、幽霊になっちゃったんだった」

 

 

となると抗議や仕返し、反抗は不可能。肉体がないんだって想像したら、メールも打てないし。そう思うと、過去へのとらわれがすーっと消えてしまうのです。

 

地縛霊みたいに情念たっぷりの幽霊でないのなら、場所や時間の束縛からも自由になれます。これは、なかなか素敵です。

 

誰かのお誕生日に何を贈ったら喜ばれるか、なんて、迷ってそわそわする必要もなくなります。

 

お誕生日すら、あってもなくてもかまわない。

 

その人が生まれて生きている姿をそっと見て、ただ、いとおしいと思うだけ。恰好の悪いところも、ぼんやりしているところも、どんなところも、ああ、生きているだけでいいのだなあと。

 

きっと遠距離恋愛だって、楽になるでしょう。飛行機や新幹線に乗らなくたっていいのです。幽霊ならどこでも行ける。空を飛ぶことも、壁を通り抜けることもできる。いつだって大好きな人のそばに行ける。

 

 

そう思うだけでも、ね、意外と幽霊って寂しくないよ。

 

 

あとはね、嫁姑問題も。あの世に行ってもイヤミの言い合い、腹の探り合いって、ばからしくない? もういいですよ、済んだことですからね、お互いに、って。

 

 

幽霊の目線で見ると世界が変わります。こだわりがなくなって、大きな視野がひらける。

 

 

とはいえ、私はまだまだ現世の人間。しっかりと生活もやっていきます。

 

 

しっかり足を地につけて、ごはんをしっかり食べて、今日お会いした人としっかり触れ合う現世の私。

 

 

もう半分は時空を超えた幽霊の私。魂の私。

 

 

生きている身体にこびりついた過去の怒りや悲しみを、幽霊の私がゼロにしてくれるように思います。