新しい自分の作り方

オーラや生体エネルギー、心理学やタロット、俳優の演技や創作活動についてなど。

訳書の電子化

『ストラクチャーから書く小説再入門』(K.M.ワイランド著、フィルムアート社、拙訳)電子版が発売されました。 ストラクチャーから書く小説再入門 作者: K.M.ワイランド,シカ・マッケンジー 出版社/メーカー: フィルムアート社 発売日: 2017/08/16 メデ…

「好きだ」と言う時

バーバラ・ブレナン・ヒーリングの主眼は「本来の自分らしく生きる」ことにあります。本来の自分をコア・エッセンスといった呼び方で呼んでいます。 本来の自分。飾らない自分。不安に左右されない純粋な自分。 と言っても、よくわからないかもしれません。 …

タロットのブログ

タロットカード、一日一枚引いてブログを書いています。 長々と書くより、短いほうがいいかなと思い。 こちらです↓ joyu.hateblo.jp よくわからないまま(笑)ツイッターにも載せています↓ 今日はお金に関するカードが出ましたhttps://t.co/nwmvwtY8iZ #タロ…

60代、70代女性に多い「就寝中のこむら返り(足がつる)」

大人の女性に限らず、若い方にも多いのはこんなお声。 夜、ぐっすり眠れない 夜中に何度か起きてしまう 部屋を暗くするのが苦手 仰向けにまっすぐ寝られない(横向きで身体を折り曲げるようにする) また、寝つきが悪い方の中には「ラジオを聴きながら寝ます…

1816:夏のない年

「ヒーリングの学校に通っています」と言うと「それって怪しいやつなの?」と言われることがある割に、「前世で受けた傷を癒す練習もする予定です」と言うと 「それだったら興味あります!」 と、一転、ご予約頂けそうな展開に。 前世ヒーリングの方がもっと…

ユーレイの目線

わけあって、半分幽霊やってます。 ちゃんと生きているのですが、「もし私が幽霊だったら」と想像して暮らしているのです。 まだ生きてはいますから、冷凍庫からお徳用の大きなアイスクリームの容器を出しながら「幽霊だってアイス食べるんだもん」と心の中…

ハラ(腹)とハハ(母)

バーバラ・ブレナンはハラ(=腹)を意図が宿る次元とし、ヒーリング技術の要のひとつにしています。スクールではハラを意識して立つ授業もあり、日本人の私としては嬉しいことでもあります。 ハラ次元にはたらきかける「ハラ・ヒーリング」というものもあり…

スランプ時に最適なタロット「吊るし人スプレッド」(2)

吊るし人スプレッドの並べ方 この「吊るし人」になぞらえた形にカードを配置します。全てのカードを裏返しにしてよく混ぜ、6枚引いて並べます。 今日の私はこんなふうになりました↓ このスプレッドでは、一枚のカードを二通りに読んでいきます。 木:何の木…

スランプ時に最適なタロット「吊るし人スプレッド」(1)

停滞をどう打破するか 「吊るされた男」=動けない時こそ変化のチャンス? 状況が動かない、前に進まない。 相手や周囲が変わってくれたらいいのにと思うけど、変わらない。 そんな時の停滞感、重く感じますよね。 きっと自分が変わらなきゃいけないんだ… う…

タロットはなぜ当たる?

タロットが当たる理由 世界の全てが凝縮されている タロットカードについてたまに書いていたら、鑑定のご依頼を頂くようになりました。正確には鑑定ではなく「見て下さい」と。「占って下さい」でないのが嬉しいです。私は占い師ではありませんので……^^; で…

予約サイトに関するお知らせです

各種ご相談のチャットにクレジットカード決済がお選び頂けるようになりました。 JCB、アメックス、ダイナースクラブのみ承れます。 reserva.be カード会社、三社のみで申し訳ございません! あとは銀行振込でのお支払いとさせて頂きます。「現地決済」ご選択…

イナンナの冥界下り(6)

妻が死の国で囚われても悲しみもしない夫。前回の記事ではドゥムジという名の夫に非難が殺到しました――というのは嘘です(ごめんなさい)。それよりも多かったのは「ほうら、やっぱり。どうせ男なんて、こんなものよ」という感想だったように思います。 あな…

イナンナの冥界下り(5)

死の世界には厳しい掟がありました。私たちが死を恐れるのも、無意識にこの掟の存在を感じ取っているからかもしれません。 イナンナが門へ急ぐとアヌンナキたちにつかまりました。「このまま帰ることはできません。イナンナさん、あなたがここを出て行くなら…

イナンナの冥界下り(4)

冥界でイナンナは死体にされてしまいます。地上では、出かけたきり帰ってこないイナンナを従者が心配していました。 地上の従者ニンシュブルは三日三晩経ってもイナンナが帰らないので命令を実行に移しました。丘の上で泣き、玉座の間でも太鼓を叩いて苦しみ…

イナンナの冥界下り(3)

冥界ではエレシュキガルが伏して泣いていました。「ああ、胸が苦しい! おなかが苦しい!」 光に満ちた地上の女神イナンナとは正反対に、姉のエレシュキガルは地底の闇で苦しんでいました。 死=安らかな眠り、とはいかないようです。というのも彼女は突然生…

イナンナの冥界下り(2)

死の国を見物に来たイナンナは、門をくぐれと命じられます。門はいくつもあり、一つくぐるたびに身に着けている物を取らなくてはなりません。 最初の門で、誰かがイナンナの頭飾りを取りました。「何をするのです!」「お黙りなさい、イナンナさん。これは冥…

イナンナの冥界下り(1)

誰にも見せたことのない怖い顔、醜い顔――そんなものは見ないで生きていたい、笑っていたい。ネガティヴな自分、ダークな自分。それって、もしかしたら"死"なのかも。 だったら死を見てみたいな! 女神イナンナはそう思って死の国に行きました。 その顛末を描…

しかたねかろう

たまに、なつかしく思い出す言葉があります。 「しかたねかろう」。岡山弁です。 広島で通訳の仕事をしていた時、同じ職場の男の子が言ってくれました。 前の夜、私は友人と、鉄板焼でガーリックたっぷりのお肉を食べていたのです。 それをすっかり忘れ、私…

続・インナーチャイルド問題

先日のインナーチャイルドの記事についてご感想を頂きました。 shikamac.hatenablog.com 頂いたご感想、許可を頂きまして掲載いたします(ありがとうございます)↓ 「インナーチャイルド」について。すごくスッキリしました!ありがとうございます。今まで、…

営業電話

バーバラ・ブレナン・ヒーリング実習の日程を予約システムに掲載しています。このサービス、無料ですごくいいのですが…… どこからか、営業の電話がかかってきます。 それも、何度も^^; インターネット広告出しませんか、みたいなお誘いらしい。 BBSH学生は卒…

【タロット:ワンドの2】今日の一枚

今日も引いてみました。 またワンド(杖、棒)です。 意志の力に注目しなさい、ってことかな? 考える前に、 感情的になる前に、 まずは意志の力をどっちに向けるか。 負の方向に向ければ 思考も感情もマイナスに。 昨日の私はどっぷりマイナス志向にはまっ…

【タロット:ワンドの6】今日の一枚

今日の一枚を引いてみました。 ワンド(杖、棒)の6番。 このカードもいまいちピンとこないんですよね。 勝利を収めて凱旋、って意味の絵に見えるんですが。 赤マントの人物が完全に横を向いてて、こちらに顔が見えない。 だから、この一枚を引いた人にとっ…

そんな子供おらへん

長年疑問に感じてきたことが一気に解決しました。 それは…… インナーチャイルドにまつわる疑問です。 和訳するなら「内なる子供」。実際、私も何冊かの本にそう訳して書きました。 子供時代の体験からなる、私たちの内面にある子供らしい自分、という意味で…

『Core Light Healing(コア・ライト・ヒーリング)』

待望のバーバラ・アン・ブレナン新刊『Core Light Healing』。 原書が発売されたので、さっそく電子版で読んでいます。 私たちのハラ(腹)の別次元には、生命の源である「コア・スター」があるといいます。 そのコア・スターの周囲は「black velvet void(…

ヒーリングで夏の夜の夢

昨年から始めたバーバラ・ブレナンのエナジーヒーリング。 勉強中の身ですので"練習"なのですが、いろいろなご感想を頂いています。 一番多いのが、 帰宅後、よく眠れた 夜中に何度か起きる癖がある方も、直後の夜はご快眠なさるようです。 夏場は知らず知ら…

ブログ新設しました

長年使ってきたblogサービス、アップグレードしてみました。 これならスマートフォンで閲覧頂く場合も大丈夫…かも。 記入や編集のしかたがまだよくわからずですが、早く使い慣れたいと思います。 blogタイトル「新しい自分の作り方」は以前に翻訳させて頂い…